税理士になるにはいくらぐらいの費用が掛かる?

税理士になるにはいくらぐらいの費用が掛かる?

税理士になるためには、一体、いくらぐらいの費用がかかるのでしょうか。
まず、税理士試験の受験手数料は、一科目につき3500円で、一科目増えるごとに千円がプラスされます。
つまり、五科目全てを受験するのであれば、受験手数料は7500円になるわけです。
試験にかかる費用としては、それほど高くないといえるかもしれません。
ただし、税理士試験は難易度が高いことで知られており、独学で合格するのは非常に困難だといわれています。
試験対策を行っている予備校などに通う場合、一年間の授業料として百万円前後の出費を余儀なくされるでしょう。
そして、一年や二年で合格できる試験ではないともいわれているので、合格までにかかった年数×百万円の費用がかかることになります。
もちろん、とても頭が良くて、独学や費用の安い通信教育などですぐに合格できるのであれば、20万円程度の費用で合格できる場合もなくはないようです。
しかし、そんな人はごく一握りの特殊な人だけでしょう。
予備校に通って、一回の受験で一科目、もしくは、二科目ずつ合格していくといったケースが多いものです。
受験資格を得るために大学や短大に進学すると考えると、その学費も含まれるかもしれませんね。
それに、兼業で受験して合格できるような試験ではありませんから、合格するまで就職することはできないでしょう。
もし、就職していたら得られた賃金を考えると、かかった費用の多さに愕然とする人も少なくないみたいです。
税理士を目指すのであれば、相当の覚悟と強い意志が必要になります。