海上特殊無線技士の受験概要って?対策は?

海上特殊無線技士の受験概要って?対策は?

海上特殊無線技士の受験概要とは、一体どんなものなのでしょうか。
まず、受験資格ですが、特に制限はありません。

 

試験内容は、
・一海特(1級)
 無線工学、法規、英語、電気通信術
・二海特(2級)
 無線工学、法規
・三海特(3級)
 無線工学、法規
・レーダー級
 無線工学、法規
となっています。
試験は、2、6、10月の年に3回実施され、試験会場は、東京、札幌、仙台、長野、金沢、名古屋、大阪、広島、松山、熊本、那波にて行われます。
試験の難易度としては、そこまで難しいと言った事もなく、近年の合格者は1級、2級で約62%、3級では約97%の合格者が出ています。
また、海上特殊無線技士の免許を取得する方法には、定められた国家試験に合格する事以外にも、養成課程(または長期型養成課程)を修了する、もしくは、一・二・三海特に限り、学校で無線通信に関する科目を履修し、卒業する方法があります。
海上特殊無線技士の試験対策としては、試験の出題傾向が過去の問題を繰り返し出題する傾向にある為に、1〜3級共に独学でも十分に合格が可能な試験内容となっています。
実際に、関連資格を持っている場合や基礎知識が十分にある場合は、独学で多くの方が合格されているようです。
試験の勉強方法としては、問題集を中心に解いていき、解説を読んでも分からない場合にテキストを利用して理解を深めると良いでしょう。

より効率的に勉強したい場合には、通信講座を利用したり、講習を受けたりする事をお勧めします。

海上特殊無線技士の受験概要って?対策は?関連ページ

海上特殊無線技士ってどんな資格?就職に役立つ?