海上特殊無線技士ってどんな資格?就職に役立つ?

海上特殊無線技士ってどんな資格?就職に役立つ?

海上特殊無線技士とは、船舶職員としてレーダーの操作や、VHF無線電話装置等を操作し、海上で他船と無線交信を行う為に必要な無線従事者免許のうちのひとつで、日本無線協会が実施している国家資格です。
第一級(一海特)、第二級(二海特)、第三級(三海特)、レーダー級の4種に分かれていて、従前の特殊無線技士で言うと、国際無線電話は一海特、無線電話甲は二海特、無線電話丁は三海特、レーダーはレーダー級とみなされています。
一海特は、主に船上保守をしていない漁船の船舶局、商船が装備した国際VHF等を対象とし、二・三海特は国内通信のみに対象を限定、レーダー級は船舶に装備されたレーダーや陸上に設置された海上用レーダーを対象としています。
海上無線通信士の下位資格だと理解しておきましょう。
就職に関して言えば、一海特は水先案内人、漁船・商船の航海士等に、二海特は内航船の航海士、三海特はプレジャーボートの操縦士が考えられますが、レーダー級のみを必要とする無線局はほとんど無いようです。
この他にも、航海士、海上保安庁、交通管制官等の就職や転職等にも有利に働く可能性があるので、このような業界に興味がある場合には、海上特殊無線技士資格を取得しておいて損はないでしょう。
就職した後の仕事内容は、国際VHF波、小無線局、または、VHFによる小規模海岸局等の無線設備の操作、漁業通信システム、無線電話等の設備の操作を行います。

海上特殊無線技士ってどんな資格?就職に役立つ?関連ページ

海上特殊無線技士の受験概要って?対策は?