弁理士ってどんな資格?就職先は?

弁理士ってどんな資格?就職先は?

弁理士とは、知的財産権に関する出願手続代理を行ったり、知的財産権やそれに関わるさまざまな権利をめぐる紛争などにおいて、法律で定められた手続を権利者の立場から行う知的財産権の専門家。
言うなれば、特許、実用新案、意匠、商標などの知的財産権のスペシャリストです。
弁理士になるには、国家試験にパスしなければなりません。
知的財産権とは、工業所有権(特許権、実用新案権、意匠権、商標権)および著作権などの総称で、知的財産権に関して弁理士が行う仕事は、弁理士法に規定されています。
具体的な弁理士の仕事は、主のものに3つあります。
まず、弁理士本来の業務。
これは知的財産権を権利化するため、特許庁に代理で出願手続きをしたり、それらの取り消し、または、無効とするための異議申立の手続きです。
それに、紛争処理業務も行います。
これは知的財産権を侵害する物品の輸入差止手続の代理業務や、知的財産権および特定不正競争に関する仲裁・和解の代理業務です。
そして、知的財産権、または、技術上の秘密の売買契約といった取引に関連する業務。
弁理士の就職先は、特許事務所や一般企業の知的財産部門などです。
弁理士の需要は東京と大阪を中心とした大都市部がほとんどで、地方ではあまり需要はありません。
弁理士の収入は普通のサラリーマンと比べると高く、平均年収は600〜700万円です。
事務所や企業に勤めた後などに、自分で特許事務所を開業するのもいいでしょう。