資格取得・難易度と対策

著作権・特許の資格記事一覧

知的財産管理技能検定ってどんな資格?就職先は?

知的財産管理技能士は、略してIP技能士と呼ばれることもあります。3級から1級まである国家資格で、インターネットの普及によって大きく取り沙汰されるようになった知的財産の創造・保護・活用を行う企業や団体、個人のための知的財産に関する能力を発揮した業務を行うために必要な資格です。知的財産とは、各種著作権や...

≫続きを読む

知的財産管理技能検定の受験概要って?対策は?

知的財産管理技能検定は、3級から1級まであります。すべての試験で学科試験と技能検定の両方が行われます。ただし、学科試験と技能検定は必ずしも同時期に行われるわけではないため、どちらかに合格してから翌々年度迄に、もう一方を受験し、合格する必要があります。そして、学科と技能の両方に合格して初めて、技能士の...

≫続きを読む

弁理士ってどんな資格?就職先は?

弁理士とは、知的財産権に関する出願手続代理を行ったり、知的財産権やそれに関わるさまざまな権利をめぐる紛争などにおいて、法律で定められた手続を権利者の立場から行う知的財産権の専門家。言うなれば、特許、実用新案、意匠、商標などの知的財産権のスペシャリストです。弁理士になるには、国家試験にパスしなければな...

≫続きを読む

弁理士の受験概要って?対策は?

弁理士になる方法はいくつかありますが、最も一般的なのが毎年1回行われる弁理士の国家試験に合格することです。弁理士試験は、5月に1次試験の短答式筆記試験、7月に2次試験の論文式筆記試験、10月に3次試験の口述式試験と半年にわたる試験が行われます。短答式に合格した人が論文式を、論文式に合格した人が口述式...

≫続きを読む