国家資格、民間資格、公的資格の違いって?

国家資格、民間資格、公的資格の違いって?

現在の日本には多数の資格があり、その資格にはさまざまな種類があるのです。
資格の種類は主に国家資格・民間資格そして公的資格となります。
国家資格には難関といわれる資格が多く、その実施は法律などに基づいた国家や国家から委託を受けた機関で行うこととなっています。
この国家資格を有すると、技術や能力が大変高いと国から認定されるのです。
つまり、国家資格とは、国から能力や技術が認められるため信用度を高めることができる資格といえるのです。
国家資格には公認会計士や、税理士、弁理士、司法書士医師国家試験や行政書士、美容師、獣医師、調理師などがあります。
どれも難関と呼ばれる資格で、独立も可能です。
民間資格とはその言葉通り、民間企業や団体などがそれぞれ合格基準を設けて認定する任意の資格です。
民間資格の中にも技術や知識、能力が高いと認められるものも多くあり、就職の際に有利になるものも多く存在します。
ただこの民間資格の中には制度化されていないものが多くあるため、有効でないものも存在し、悪徳商法などもあるので資格取得の際は十分な注意が必要です。
民間資格の中でITや情報処理や事務系の資格が多いといえるでしょう。
IT系の資格では、情報処理技能検定試験や最近では大変人気のあるシスアド、需要の多いCADやDTPエキスパート、さらにはプログラミング検定やイラストレーター能力試験などがあります。
また、事務系の資格としてはワープロ検定、ビジネス文書検定、簿記実務検定、医療秘書技能検定など、実務に直接有効な資格をはじめ、電子化ファイリング検定や日本語コミュニケーション能力権手や文書情報管理し、日本上司気力検定など、実務の中で間接的に効果を発揮する資格など、種類は豊富です。
公的資格ですが、これは社会での認知度が大変高いものが多く、経済産業省や文部科学省などで認定される資格なのです。
国家資格と民間資格の中間的存在の資格となります。
この公的資格には信用度や認知度の高い資格が多く、国家資格に近いため知識や能力が一定水準以上と認められるので社会的に通用し、就職・転職の際に大変有利になるものが数多くあるのです。

公的資格ではビル経営管理士や販売士、など独立のできる資格をはじめ、情報検定、デジタル検定など情報処理の資格、さらには秘書検定や漢字検定、簿記検定、英語検定、などがあげられます。
また消費者生活アドバイザーや伝統工芸士、トレース技能検定などもこの公的資格に位置するものなのです。
資格取得を考える際は自分がどの資格をどのように使うか、何を目的として取得するかが重要となるのです。