柔道整復師の受験概要って?対策は?

柔道整復師の受験概要って?対策は?

柔道整復師は厚生労働大臣が認めた国家資格なので、資格を取得するためには国家試験を受ける必要があります。
しかし、誰でも国家試験を受けることが出来る訳ではありません。
柔道整復師の国家試験を受けるためには、高等学校卒業の資格を持ち、さらに、文部科学大臣、または、厚生労働大臣が認定した柔道整復師の養成所や専門学校・大学で、3年以上必要な知識・技能を勉強する必要があるのです。
これらの学校ではどのようなことを学ぶかと言いますと、捻挫や脱臼に関する知識や基礎医学などを学びます。
柔道整復師の国家試験は、毎年1回3月に日本の主要都市(北海道・宮城・東京・愛知・大阪など)で実施されています。
試験科目としては、解剖学・生理学・公衆衛生学・整形外科学・リハビリテーション学・柔道整復理論など11科目です。
以前は、200問の問題が出題され、そのうち6割正解で合格とされていました。
現在では、これまで通りの200問に加えて、「専門必修」という問題が30問出題されています。
たとえ200問全てに正解したとしても、専門必修の問題を最低24問正解しなければ合格にはなりません。
以前の試験では、学校で習ったことを勉強していれば国家試験に合格することができました。
でも、改正後は、実際の現場で色々と経験を積むことが試験に合格するための重要なポイントとなっています。
近年は、柔道整復師の試験を受ける方の人数も増えており、国家試験浪人をされる方も多くなっているそうです。
そのため、柔道整復師になるための予備校なども開校されています。

柔道整復師の受験概要って?対策は?関連ページ

柔道整復師ってどんな資格?就職先は?