健康運動指導士資格の過去問

健康運動指導士資格の過去問

健康運動指導士とは、心臓病をはじめとする生活習慣病・メタボリックシンドロームを予防し、国民の健康を促進する人材として、注目を集めている資格です。
健康の保持・増進にかかわる知識等に基づき、安全で効果的な運動プログラムを個々人の状態に応じて作成し、その運動プログラムを実際に指導することができる「運動の専門家」です。
健康運動指導士の資格取得には、健康運動指導士養成講習会を受講した後、健康運動指導士試験(現在は年6回東京や大阪で講習会を行っています)に合格し、さらに健康運動指導士台帳に登録する必要があります。
健康運動指導士試験を受けるにあたり、健康運動指導士テキスト、試験問題集・過去問題を重点的に勉強しましょう。
対策としては短期間に、かなりの量の内容を勉強する必要がありますので、試験に合格するためには、効率よく集中をして勉強しなければなりません。
試験内容として、1、健康管理概論、2、運動生理学、3、栄養と運動、4、バイオメカニクスと機能解剖、5、発育・発達・老化、6、生活習慣病とその予防、7、運動負荷試験、心電図、8、運動負荷試験実習、9、運動障害と予防、10、健康づくり運動の理論と実際、11、運動指導の心理学的基礎、12、運動プログラムの管理、13、肥満の判定と評価基準、14、ストレス管理法、15、体力測定と評価、16、救急措置などのカリキュラムで、21日間の講習会が行われ、最終日に講習内容に沿った筆記試験があります。