健康運動指導士の講習会

健康運動指導士の講習会

今、話題となっているメタボリック症候群は、日本人の死因の上位に位置する脳卒中や心疾患など、血管がつまったり、弱くなったり、破れたりすることで起こる、病気の主原因になります。
それらの症状の予防策や改善策は、適度な運動を習慣化し、運動不足を解消することです。
それをサポートするのが、健康運動指導士の仕事です。
医学的基礎知識、運動生理学の知識をふまえ、個々人に対して安全かつ、効果的な運動プログラムを作成・指導することが大切です。
資格の取得方法は、まず健康運動指導士養成講習会を受講し、健康運動指導士認定試験に合格したうえで、健康・体力づくり事業財団に登録申請します。
受講資格があるのは、保健師又は管理栄養士の資格を有している者、あるいは4年制体育系大学(教育学部体育系学科を含む)及び医学部保健学科の卒業者(卒業見込者を含む)等々と、一定の要件を満たす必要があります。
健康運動指導士養成の講習会とは、健康・体力づくり事業財団が実施する120単位(保健師、管理栄養士、4年制体育系大学の卒業生、健康運動実践指導者、特定施設実務経験者は、単位免除があります)180時間の講習会です。
内容としましては、健康づくり施策概、健康管理概論、生活習慣病、運動生理学、能解剖とバイオメカニクス、健康づくり運動の理論、運動障害と予防、体力測定と評価、健康づくり運動の実際、救急処置、運動プログラムの管理、運動負荷試験、運動行動変容の理論と実際、運動と心の健康増進、栄養摂取と運動などがあります。