一般職試験ってどんな資格?就職先は?

一般職試験ってどんな資格?就職先は?

一般職試験とは、2012年度から登場した国家公務員採用試験のことです。
公務員採用試験の国家T種、国家U種、国家V種の区分が廃止され、代わりに総合職、一般職、専門職、経験者採用の枠組みを作ることに。
新制度では、国家試験T種が総合試験になり、国家試験U種と国家試験V種が一般職試験に再編されました。
また、現行の国税専門官採用試験などは専門職試験として実施され、中途採用向けの経験者採用試験も創設されています。
これらの再編により、東大中心の国家T種を改善し、さまざまな人材を受け入れていく方針に転換されます。
ところで、一般職試験ですが、これは事務処理能力があるかどうかを見る試験で、試験の種類は「大卒程度試験」と「高卒者試験」に分かれます。
大卒程度試験は、従来の国家U種と同レベルの難易度と予想され、試験は教養試験、専門試験、論文試験、面接が行われます。
教養試験は、基礎能力試験となり、知能分野の比重が増します。
行政区分の専門試験は、従来の国家U種と同様、科目選択制です。
高卒者試験は、国家V種と同程度の難易度と予想され、事務区分では、基礎能力試験、適正試験、作文試験、人物試験が行われ、そのほかの区分では、基礎能力試験、専門試験、人物試験が行われます。
一般職試験に合格した人は、国家公務員になります。
国家公務員とは国や政府が雇っている職員のことで、国や政府の根幹を支える仕事を行います。
国家公務員は、民間の大手企業並み、または、大手企業以上の福利厚生を受けることができます。
それに、男女差がないため、特に女性にとっては働きやすい職業といえるでしょう。