社会常識能力検定試験ってどんな資格?就職先は?

社会常識能力検定試験ってどんな資格?就職先は?

社会常識能力検定試験とは、どんな資格なのでしょう。
また、社会常識能力検定試験に合格したら、どんな仕事に就けるのでしょうか。
まずは、社会常識能力検定試験がどんな資格なのかをご説明します。
社会常識能力検定試験とは、一般常識(社会常識および人としての常識と心構え)、コミュニケーション、ビジネスマナーが、しっかりと備わっているかが試される試験です。
社会常識能力検定試験の受験資格は、特に制限がないので、誰でも受験することができる試験です。
試験は全国各地の専門学校で行われ、試験日程は、1月下旬頃と、9月下旬頃の年2回行われています。
試験の申し込み期間が、1月下旬受験だと10月上旬から12月中旬、9月下旬受験だと6月下旬から8月下旬頃です。
試験会場での申し込みと、インターネットからの申し込みができます。
それぞれ申し込み期間が違ってきますので、全国経理教育協会に問い合わせてみましょう。
合格発表は、試験日から約1ヶ月以内に発表されます。
試験の科目は、社会常識・コミュニケーション・ビジネスマナーです。
受験の費用は、級によって違い、1級で4000円、2級で2500円、3級で2000円となっています。
難易度はそれほど高くなく、合格率としては、1級が約43%、2級が約53%、3級が約78%と、比較的高めといえます。
では、社会常識能力検定試験を合格したら、どんな仕事に就けるのでしょう。
社会常識能力検定試験は、どこの企業でも使える資格なのですが、社会常識能力検定試験だけ持っていても、就職できるとまではいきません。
しかし、持っていると損がない資格であり、取得しておいた方がよい資格なのです。