土木施工管理技士ってどんな資格?就職先は?

土木施工管理技士ってどんな資格?就職先は?

土木施工管理技士とは、道路や河川、橋梁などの土木工事において、現場における工程・安全管理など、工事施工に必要な技術上の管理などを主任技術者、および、監理技術者として施工計画を作成し、行う技術者。
または、技術者を認定する国家資格のこと。
施工管理技士国家資格のうちの一つです。
土木施工管理技士は、土木工事現場では監理技術者・主任技術者として欠かすことができません。
多くの作業員が働いている土木工事現場は、常に危険と隣り合わせ。
そんな中にあって、土木施工管理技士は、作業が安全かつ円滑に進むよう、細心の注意を払いながら、さまざまな業者を統括し、無駄なく作業を進めていくために管理することが仕事です。
土木施工管理技士の資格には、2級と1級があり、2級は作業工程ごとの責任者である主任技術者、1級は現場の最高責任者として、とても重要な役割をもっています。
土木施工管理技士の仕事先は、土木・建設系企業全般。
資格を持っている人が不足しているため、求人件数が多く、就職や転職では非常に有利です。
特に近年は、施工現場の安全面や品質面、工程面が重要視されるようになってきているため、1級取得者で実務経験者は優遇されています。
土木施工管理技士の収入は、年齢によって異なりますが、30代前半で400万円くらいです。
一般のサラリーマンとそれほど違いませんが、仕事の拘束時間は長いようです。