CAD資格の種類と資格取得対策

CAD資格の種類と資格取得対策

CAD資格の種類と資格取得対策について、具体的に見ていこうと思います。
CADは、Computer Aided Designの頭文字を取った略語で、「キャド」と発音します。
CADによって、製図作業や図面作成など、人の手作業に頼っていた細かい作業が、コンピュータを利用することによって、所要時間の短縮が可能になっただけでなく、正確さも大幅に増しました。
CAD資格の種類と資格取得対策を考える時、まず知っておかなければならないのはCADの種類です。
これは「汎用CAD」と「専用CAD」の2つに分けることができます。
「汎用CAD」は「Auto Cad」に代表される、分野を問わずに使用可能なCADです。
これに対して「専用CAD」は、服飾のデザイン画の作成や、造園の設計、配管図面の3D表現などの専門分野の機能を持っています。
次にCAD資格の種類と資格取得対策として、最も一般的な資格「CAD利用技術者試験」の取得があるのですが、これには1級と2級があって、1級は実技、2級は筆記となっています。
1級を取得しようとしている方たちの中には、1年以上前から準備をして勉強を始めている方も少なくありません。
CAD資格の種類と資格取得対策のうち、最後の資格取得対策についてですが、まず2級でCADシステムの基本知識中心の試験が行われ、製図の基礎知識の確認もあります。
次の1級では実務に基づいた試験範囲になるため、CAD資格の種類と資格取得対策の面から言うと、指定された条件に基づいての作図能力や、文章を読み取っての図面化、トレース等のさまざまな技術が要求されます。
やはりこのレベルの学習になるとスクールに通って指導を受ける方がいいでしょう。
時間の都合で通信教育にする場合には、できるだけ細やかな対応をしてくれる所を選びましょう。
このようにCAD資格の種類と資格取得対策では、1級は2級と比較するとハードルがかなり高くなるため、それに応じた準備期間も必要になってくるのです。
その代わりCAD資格の種類と資格取得対策をクリアして1級を取得した場合には、即戦力として職につくことが可能ですので、是非諦めないでチャレンジしましょう。