土木施工管理技士の受験概要って?対策は?

土木施工管理技士の受験概要って?対策は?

土木施工管理技士は、厚生労働省管轄の国家資格です。
資格には1級と2級があり、受験資格は学歴や実務経験年数などにより、細かく規定されています。
ただし、1級も2級も年数は異なりますが、実務経験がなければ受験することができません。
試験内容は、1級は7月に土木工学や施工管理法、法規の学科試験があり、10月上旬に施工管理法の実地試験があります。
2級は土木、鋼構造物塗装、薬液注入の3種があり、自分の仕事などにあわせていずれかの試験を受けます。
土木は、土木工学・施工管理法・法規の学科試験と施工管理法の実地試験があります。
鋼構造物塗装は、土木工学・鋼構造物塗装施工管理法・法規の学科試験と鋼構造物塗装施工管理法の実地試験を行います。
薬液注入は、土木工学・薬液注入施工管理法・法規の学科試験と薬液注入施工管理法の実地試験があります。
2級は学科、実地とも10月下旬に実施されます。
土木施工管理技士の2011年の合格率は、1級の学科が40.8%、実地が20.8%、2級の学科が40.4%、実地が22.3%。
1級、2級とも超はつかないものの難関であることは間違いなく、特に実地は難しいようです。
土木施工管理技士試験の対策としては、徹底的に問題集をやること。
そうすれば、自分の苦手なところがわかるので、そこを重点的に勉強すればいいわけです。
しかし、1級も2級も試験範囲が非常に広いので、独学で勉強するのは結構大変です。
できればスクールに通ったり、通信講座や講習会などを受けることをオススメします。