建築施工管理技士の受験概要って?対策は?

建築施工管理技士の受験概要って?対策は?

建築施工管理技士の受験資格は、1級・2級ともに、実務経験が必要です。

 

【1級受験資格】
◆大学卒業者
指定学科修得者3年以上
指定学科修得者以外4年半以上
◆短期大学・高等専門学校卒業者
指定学科修得者5年以上
指定学科修得者以外7年半以上
◆高等学校卒業者
指定学科修得者10年以上
指定学科修得者以外11年半以上
◆その他
卒業後15年以上
◆2級技術検定合格者
合格後5年以上
高等学校卒業者で指定学科修得者は卒業後9年以上
高等学校卒業者で指定学科修得者以外は10年半以上

その他、合格5年未満の者は14年以上
【2級受験資格】
◆大学卒業者
指定学科修得者は卒業後1年以上
指定学科修得者以外は卒業後1年半以上
◆短期大学・高等専門学校卒業者
指定学科修得者は卒業後2年以上
指定学科修得者以外は卒業後3年以上
◆高等学校卒業者
指定学科修得者は卒業後3年以上
指定学科修得者以外は卒業後4年半以上
◆その他
8年以上の実務経験
【試験内容】
1級は建築学・施工管理法・法規の学科試験と施工管理法の実地試験、2級は建築・躯体・仕上げのいずれかを選択して受験します。
建築は、建築学・施工管理法・法規の学科試験と施工管理法の実地試験。

躯体は、建築学・躯体施工管理法・法規の学科試験と躯体施工管理法の実地試験。
仕上げは、建築学・仕上施工管理法・法規の学科試験と仕上施工管理法の実地試験をそれぞれ行います。

 

【受験料】
1級学科・・・9,400円
1級実地・・・9,400円
2級学科・実地・・・9,400円
2級学科のみ・・・5,000円
2級実地のみ・・・5,000円
建築施工管理技士の受験対策としては、専門学校などで試験対策講座を受講するというのがオススメです。
試験問題の難易度が高いので、独学での合格はかなり難しいでしょう。