建築や土木で必要な資格の種類って?

建築や土木で必要な資格の種類って?

建築や土木などいわゆる現場で必要とされる資格があります。
溶接関連の資格では溶接作業指導者や溶接管理技術者などがあります。
この溶接作指導者の試験は3日に分かれており、溶接指導の一般的知識厚板と高張力鋼の溶接及び切断被覆アーク溶接、半自動アーク溶接と薄板の溶接自動溶接及びロボット溶接、ティグ溶接とステンレス鋼の溶接さらには、溶接指導者と品質管理や溶接作業の安全衛生そして学科試験があります。
フォークリフトを操縦する人にはフォークリフト技能講習を受けることで運転資格を取得することができます。
また、クレーンの操作をするための資格もあります。
これはクレーン運転士と移動式クレーン運転士に分類され、吊り上げ荷重が5t以上のクレーンとつり上げ荷重が5t未満のクレーンで大きく分かれるのです。
クレーンの吊り上げ荷重が1t以上の場合は、玉掛技能講習修了者でないと作業することができないと決められています。
有機溶剤作業主任技術講習や解体工事施工技士などといった資格もあるのです。
また、電気関係の資格もさまざまな種類があります。
電気工事士や電気主任技術者、さらには電気工事統括技士、特定電気工事資格者などが上げられます。
危険物の資格としては甲種危険物取扱者といってすべての種類の危険物を扱うことができる資格と、乙種危険物は1類から6類まで分類されています。
また丙種危険物取扱者の資格もあります。
これらの試験実施機関は財団法人消防試験研究センターで実施されています。
建築系の資格では2級建築士やCAD利用技術者試験、宅地建物取引主任者や建築設備士、建築設備検査資格者や空調整備士、さらにはインテリアコーディネーターなどは資格ランキング一覧などの中でも大変人気のある資格だといえるでしょう。
また福祉環境コーディネーターやカラーコーディネータ、色彩能力検定なども人気のある建築系の資格といえるでしょう。
不動産、建築関係で面白い資格があります。

キッチンスペシャリストという資格です。
これはよりよいキッチン空間を提案すると行く資格です。
住宅のキッチンの空間や構成に関するスペシャリストとなる資格なのです。
このような資格は業務上で使用することが多く、就業時に取得をうながされることがあるでしょう。
仕事で必要となる資格なので、機会があれば取得しておく必要があるでしょう。
また、事前に取得しておくことで就職の際に有利になることもあります。
履歴書に記載することが可能で資格証明なども発行されるので、採用の際に大変有利です。