資格取得・難易度と対策

建築・土木の資格記事一覧

建築や土木で必要な資格の種類って?

建築や土木などいわゆる現場で必要とされる資格があります。溶接関連の資格では溶接作業指導者や溶接管理技術者などがあります。この溶接作指導者の試験は3日に分かれており、溶接指導の一般的知識厚板と高張力鋼の溶接及び切断被覆アーク溶接、半自動アーク溶接と薄板の溶接自動溶接及びロボット溶接、ティグ溶接とステン...

≫続きを読む

建築施工管理技士ってどんな資格?就職先は?

建築施工管理技士とは、6種ある施工管理技士という国家資格の中の一つです。日本国内の建設業法で定められている建築現場や営業所に置かなければならない専任の技術者として認められる資格です。建築施工管理技士には、1級と2級があります。2級では、一般建設業の認可を受けた建設業者にて、専任技術者・主任技術者とな...

≫続きを読む

建築施工管理技士の受験概要って?対策は?

建築施工管理技士の受験資格は、1級・2級ともに、実務経験が必要です。【1級受験資格】◆大学卒業者指定学科修得者3年以上指定学科修得者以外4年半以上◆短期大学・高等専門学校卒業者指定学科修得者5年以上指定学科修得者以外7年半以上◆高等学校卒業者指定学科修得者10年以上指定学科修得者以外11年半以上◆そ...

≫続きを読む

建築設備士ってどんな資格?就職先は?

「建築設備士」なんてなんだか聞き慣れない言葉かもしれませんが、建築設備士は建築士法に基づいたれっきとした国家資格となっています。それでは、建築設備士とは一体どんな資格なのでしょうか。建築設備士は、建築設備(空調・換気、給排水衛生、電気等)の設計や工事監理を行う際に、建築士に対して適切なアドバイスが出...

≫続きを読む

建築設備士の受験概要って?対策は?

建築設備士試験を受けるための受験資格は、学歴や取得している資格等によってそれぞれの実務経験年数が必要となり、「大学卒は2年以上」、「短大、高専卒は4年以上」、「高校卒は6年以上」、「一級建築士、一級電気工事施工管理技士、一級管工事施工管理技士、空気調和・衛生工学会設備士、電気主任技術者は資格取得の前...

≫続きを読む

二級建築士ってどんな資格?就職先は?

二級建築士は建築技術者の資格の一つで、設計や工事管理を行うための国家資格となっています。二級といえども、一級建築士に次ぐグレードを誇る資格で、やりがいも社会的信用も大きい資格ですよ。二級建築士の資格は、どんな建築物でも手掛けることができるというわけではなく、個人住宅や面積が500平方メートル以下の建...

≫続きを読む

二級建築士の受験概要って?対策は?

二級建築士の受験は、まず、学科試験を行い、学科試験合格者に対して設計製図の試験を行うという形がとられています。二級建築士の受験には受験資格もあり、国土交通大臣の指定する建築に関する科目を修めて卒業した人という条件とともに、建築の実務も必要となるようです。二級建築士の受験対策としては、とにかく学科試験...

≫続きを読む

土木施工管理技士ってどんな資格?就職先は?

土木施工管理技士とは、道路や河川、橋梁などの土木工事において、現場における工程・安全管理など、工事施工に必要な技術上の管理などを主任技術者、および、監理技術者として施工計画を作成し、行う技術者。または、技術者を認定する国家資格のこと。施工管理技士国家資格のうちの一つです。土木施工管理技士は、土木工事...

≫続きを読む

土木施工管理技士の受験概要って?対策は?

土木施工管理技士は、厚生労働省管轄の国家資格です。資格には1級と2級があり、受験資格は学歴や実務経験年数などにより、細かく規定されています。ただし、1級も2級も年数は異なりますが、実務経験がなければ受験することができません。試験内容は、1級は7月に土木工学や施工管理法、法規の学科試験があり、10月上...

≫続きを読む

土地区画整理士ってどんな資格?就職先は?

土地区画整理士は、一般の方にはあまり知られていない資格で、受験者も毎年300人程度しかいません。建築業に勤めている方や土地区間管理事業の会社に勤めている方がスキルアップの為に取得する事が多いようです。この資格は、土地区画整理事業をスムーズに進めていけるよう、土地の所有者と土地区画整理事業施工者の間に...

≫続きを読む

土地区画整理士の受験概要って?対策は?

土地区画整理士の資格を取得するには、指定の大学、短大、専門学校を卒業した後、1年から5年の実務経験が必要になります。また、それ以外にも、実務経験を8年以上積めば、学校に通わなくても、土地区画整理士の資格試験を受験する事が出来ます。土地区画整理士の受験問題は、換地計画の実地試験3科目と、土地区画整理事...

≫続きを読む

CAD資格の種類と資格取得対策

CAD資格の種類と資格取得対策について、具体的に見ていこうと思います。CADは、Computer Aided Designの頭文字を取った略語で、「キャド」と発音します。CADによって、製図作業や図面作成など、人の手作業に頼っていた細かい作業が、コンピュータを利用することによって、所要時間の短縮が可...

≫続きを読む