ケアマネージャー試験の受験資格って?

ケアマネージャー試験の受験資格って?

ケアマネージャー試験は誰にでも受けられるというわけでなく、ある一定の受験資格の条件を満たす必要があり、その条件はとても複雑です。
受験資格の条件はおおまかに分けると4パターンで、その中のいずれかに該当すれば、試験を受けることができます。

 

1、医療、保健、福祉の21種ある国家資格を有し、尚且つ、その国家資格分野での業務の実務経験が5年以上、従事日数900日以上の条件を満たしていること。

 

ここでいう従事日数とは、実際の現場での勤務日数のことをいいます。
例えば、薬剤師であれば、薬局で調剤をして患者に提供したりすることで、研究所での薬の研究などは従事日数にはカウントされません。

 

2、施設などで必ず設置しなければならない相談援助業務や法律で定められた相談援助業務の実務経験が5年以上、従事日数が900日以上であること。

 

3、社会福祉主事任用資格を有している、または、ホームヘルパー2級の研修を修了していて、実務経験が5年以上あるという条件を満たしていること。

 

4、特に資格はないけれど、福祉施設などでの介護業務が10年以上あること。

 

ここでいう介護とは、介護施設などで行う業務としての介護経験のことであり、自宅などでの親族の介護は含まれません。
このように、ケアマネージャー試験の受験資格は複雑ですので、しっかりと自分の有する資格や実務経験などを確認する必要があります。
また、この受験資格は都道府県によっても若干違いがありますので、そのあたりも事前に確認した方がよさそうです。