ケアマネージャーになるには独学でも大丈夫?

ケアマネージャーになるには独学でも大丈夫?

ケアマネージャーの資格取得に向けての学習方法には、大きく分けて二通りあります。
独学するか、学校や通信講座を利用することです。
実際、ケアマネージャーの資格取得に向けて勉強している人の多くは、学校か通信講座を利用していますが、独学で挑戦している人も少なくありません。
もちろん、独学で試験に合格した人も多くいて、独学が自分にあった学習方法であるならば、それにこしたことはありません。
学習費用もテキスト代と受験料だけですむので、学校や通信講座を利用するのに比べると安く済みます。
では、どのようにして独学で学習すればいいのでしょうか。
まず、独学は全部自分で学習方法を組み立てたりしなければならないので、勉強は早めにスタートさせましょう。
あとで間違ったやり方に気づいたりしても、時間に余裕があれば修正できるからです。
そして、勉強方法ですが、試験は「介護支援専門員基本テキスト」という厚生労働省が出しているテキストの中から出題されます。
このテキストで勉強すればいいと思いがちですが、2000ページ以上あるため、独自で最初から最後まで勉強するというのはかなり無理があります。
そこで、このテキストとは別に、内容や要点をまとめたテキストが市販されていますので、それとともに過去の問題集などとあわせて勉強すると効率良く勉強することができます。
ただ、このような市販のテキストには色々な種類があります。
学校や通信教育だと最適なものを選んでくれますが、独学の場合は全て自分で見つけなければならないので、少々大変かもしれません。
慎重に時間をかけて、自分の勉強方法にあった自分にとってわかりやすいテキストを選びましょう。
自分にあったテキストを選んだら、そこに出てくる重要なポイントなどを整理して、頭にしっかり記憶します。
出題されやすい場所というのは決まっているので、過去の問題集などと照らし合わせながら勉強するとより効果的です。