金融工学の資格ってどんなのがある?

金融工学の資格ってどんなのがある?

金融工学に直接結びつく資格と言うものは現在ではありません。
しかし、金融工学を学ばないと習得できないほど高度な金融市場分析であるとか、証券アナリストの分析に必要な部門は存在します。
金融工学とは、一言で言えば「効率的な資本利用や効率的な金融制度等について分析・研究を行う学問」ということになるでしょう。
金融の理論は、現代社会のいたるところに浸透している基礎理論といえるでしょう。
特に、金融派生商品(デリバティブ)を扱う人にとっては必須となる学問だと言えます。
しかし、大学等で、金融工学を学べば、イコール資格を取得できるかといえば、そうではないのです。
ただ、金融工学は、純粋数学の一分野とみなしてよいほど高度な数学的理論になっているので、卒業後の就業について役立つことはたしかでしょう。
また、金融工学についてその考え方を知ると現代社会の仕組みもみえてくるということから、公開講座が開催されたりしています。
金利スワップ・信用リスク・証券化・天候デリバティブなどが取り上げられたりします。
講座の中では素朴な考え方に重点を置いて、どういう仕組みになっているかを易しく解説されたりします。
一方で、現在、マスコミなどで頻繁に使われている「金融工学」という用語は、直訳すれば“Financial Engineering”という英語に対応します。
しかし、英語の“Financial Engineering”の指す範囲は非常に狭いのです。
これに対し、日本語の「金融工学」という言葉は、文脈によっては非常に広い意味として、捉えられたりもします。
時には(現代的な意味での)ファイナンスとほぼ同義語として使われることもあるのです。
まだまだ、一般的には知られていないものなのかもしれません。