公認会計士ってどんな資格?就職先は?

公認会計士ってどんな資格?就職先は?

公認会計士とは、企業の「監査」「税務」「コンサルティング」「経理」などいった業務を通して、健全に経済活動を行うために国が認めた財務監査のプロのことを言います。
弁護士などと同じように国家資格で、年々、資格保有者も増えてきています。
この資格を保有していれば、試験を受けなくても税理士や行政書士登録をすることが可能です。
企業の財務に関する書類等が適正な物かを第三者の立場として証明する監査証明業務は、公認会計士のみが許される独占業務です。
公認会計士以外は、たとえ弁護士だったとしても証明することはできないのです。
最近では、会社内の会計に対する助言や企業の戦略提案などをするコンサルティング業務も、公認会計士の業務として需要が増えてきていますね。
公認会計士になるには、国家試験に合格してから2年間は補佐業務を行ったり、実務補習を修了してから、晴れて正式に公認会計士の登録をすることができるのです。
資格を取得してからの就職先としては、一般的に見て多いのは監査法人です。
公認会計士はとても難易度の高い試験なので、大手監査法人に就職すると、給与水準も他の職種に比べて、かなり高い水準を保つことができるでしょう。
他の業種に転職するとなると、主に外資系のコンサルタントや投資会社、証券会社が多いようです。
年収を一気にアップさせたいと考えているのならば、独立するという方法もあります。
独立するとなると、仕事は主に中小企業の税務関連業務が中心となるでしょう。