簿記検定の受験概要って?対策は?

簿記検定の受験概要って?対策は?

簿記検定は複数の団体でそれぞれ別途実施されている検定です。
おそらく、一番一般的に知られているのは、日商簿記検定ではないでしょうか?簿記検定には、現在4種が存在します。

 

・日商簿記(日本商工会議所簿記検定)4〜1級
・全経簿記(全国経理教育協会簿記能力検定)簿記能力検定4級〜上級、計算実務能力検定3〜1級、税務会計能力検定3〜1級、社会常識能力検定、文書処理能力検定(ワープロ部門)、文書処理能力検定(表計算部門)、IT活用能力検定、電卓計算能力検定4〜1級、コンピューター会計能力検定1〜初級
・全商簿記(全国商業高等学校協会簿記実務検定)情報処理検定、ワープロ実務検定、パソコン入力スピード検定、商業経済検定3〜1級、英語検定4〜1級
・全産簿記(全国産業人能力開発団体連合会簿記能力認定試験)商業簿記3〜1級、工業簿記2〜1級
また、それぞれの検定では等級もあり、基本的には3級以上からが実務に役立つ資格として多くの企業で認定されています。
受験科目の内容もそれぞれ違いがあり、そのために、習得できる内容や資格の種類にも違いがあります。
特に最近では、パソコンを使用した経理事務が一般的となってきていますから、パソコンを利用した情報処理系や入力系の試験も簿記試験と同じ団体が実施しているようです。
日商簿記などの場合は通信教育なども有名で、意外と誰でも受験しやすい検定でしょう。
全産簿記は受験料金は安価な検定ですが、難易度が高いことで知られています。