金融業界の資格って?

金融業界の資格って?

金融業界の資格として、「証券外務員資格」というのがあります。
これは、金融業界に入社後、業務を行う上で不可欠の資格です。
この、「証券外務員資格」が無いと、銀行・証券会社等の金融機関においては、投資信託・債券・株式等の金融商品の勧誘・販売はできないのです。
「証券外務員二種資格」については、一般の人でも受験可能になっていて、金融機関を目指す人の受験が、増えています。
本番試験がPC試験で、全国で100 箇所以上のパソコン試験会場で実施されています。
また、別に「証券外務員一種」「特別会員証券外務員二種」「特別会員証券外務員一種」「会員内部管理責任者」「特別会員証券外務員四種」「特別会員内部管理責任者」という各資格があります。
これらは、金融機関や証券会社の内定者・役職員のみが受験できる試験です。
他には、「宅地建物取引主任者資格」については、不動産業界での、資格取得は、当然のことですが、他に信託銀行などの一部の業務においても、不可欠の資格となっています。
試験は年1回行われており、誰でも受験できます。
「証券アナリスト」資格もリサーチ・調査部門やファンド運用会社では不可欠の資格となっています。
こちらの、資格取得については、膨大な勉強量が求められます。
取得へ向けては、計画的に学んでいく必要がある資格といえるでしょう。
また昨今、fp技能士は、金融・証券業界で取得が推奨されている資格として、よく知られるものになりました。