ホームヘルパー1級資格の内容と資格取得対策

ホームヘルパー1級資格の内容と資格取得対策

ホームヘルパー1級は、ホームヘルパー2級として介護実務経験を1年以上(180時間)積むと受講資格が得られます。
社会福祉制度、認知症高齢者の介護技術、ホームヘルプサービス運営知識、心理学的援助技術など、より高度で深い介護知識を230時間かけて学び、修了すると取得できます。
ホームヘルパー1級資格取得者は、事業所において「サービス提供責任者」として、後輩の育成指導、利用者とホームヘルパーとの、コーディネーター等の業務ができます。
ホームヘルパー1級資格取得については、試験はありません。
資格取得対策としては、都道府県において、実施される研修への参加という方法があります。
また民間の養成研修機関が主催している講座を受講という方法もあります。
ニチイや、三幸福祉カレッジといった、ホームヘルパー1級の講座を開講している学校の資料を請求して、自分に合った学び方を探すと良いでしょう。
通信教育という方法では、現在の就業を休むことなく、学べるという利点があります。
学習内容は、講義・実技・実習となっています。
講義では社会福祉関連制度及びサービス・介護の方法及び技術等を学び、実技では、ケアマネジメント技術・技術指導及び介護技術向上・困難事例対応術を学びます。
実習では痴呆性高齢者等処遇困難事例対応実習・デイサービスセンター実習・チーム運営方式業務実習を学びます。
インターネットのなかには、ホームヘルパー1級の講座を紹介しているサイトもあるので、参考にするとよいでしょう。