ホームヘルパー3級資格の内容と資格取得対策

ホームヘルパー3級資格の内容と資格取得対策

ホームヘルパーには3級、2級、1級とありますが、3級の資格というのは、現在では仕事としてホームヘルパーをするのには、適さない状況となってきています。
家族の介護をするために、介護の勉強をしたいという人向けの講座といえるでしょう。
ホームヘルパー3級は、家庭介護者向けで、介護の入門編であるといってもよいでしょう。
ホームヘルパー3級は、50時間の講習を受けると認定されます。
講習の内容は、座学での講義が25時間、お互いを要介護者に見立てた実技講習が17時間、在宅サービス提供の現場を見学する実習が8時間の計50時間です。
ホームヘルパー3級は家事援助だけ行うことができて、身体介護や大きな介護サービスの仕事ができないことで実用度は低いのです。
ホームヘルパー3級の講習を実施する事業者や学校はほとんどなく、いまは家庭で家族介護に携わる人を対象に自治体が中心になって行っています。
今後、高齢化が進み、一人暮らしの高齢者も増加していくことが見込まれます。
介護保険制度が安定的に運営されるように、介護サービスの質、介護職員の専門性の向上を図らなければいけません。
そこで平成18年度より、介護職員の研修体系が見直されました。
これまでの「訪問介護員養成研修」に、500時間の「介護職員基礎研修」が新たに追加され、「介護員養成研修」となりました。
今後、ホームヘルパー3級課程のみを修了しているだけでは、働くことができないということに留意しておかなくてはなりません。