介護福祉士ってどんな資格?就職に役立つ?

介護福祉士ってどんな資格?就職に役立つ?

介護福祉士と言えば、近年の高齢化に伴って社会的にも認知度が上がってきている資格ですね。
それでは、介護福祉士とは、一体どういった資格なのでしょうか。
介護福祉士とは、社会福祉士、精神保健福祉士と並ぶ福祉の国家資格、通称三福祉士と呼ばれている専門的な資格となっています。
仕事内容は、認知症患者や寝たきりの老人、障害がある方の為に入浴や食事、排泄といった介護を行い、身体的、または、精神的な自立を助けます。
さらに、介護を受ける当人だけではなく、その家族に対しても、介護に関する指導を直接的に行う事が出来る専門的な知識と技術を持っている資格と言えるでしょう。
介護福祉士になると、その就職先も多岐に渡り、訪問介護員、サービス提供責任者、介護施設、特別養護老人ホーム、グループホーム、デイサービスセンター、療養型等の病院、障害者施設等が挙げられます。
現在では、介護福祉士の資格取得者を希望している施設も多いので、資格取得後の就職先は多いと思いますが、実際には離職率も高く、肉体的にも精神的にも大変な職種です。
就職を考えている場合には、その就職先の仕事内容をきちんと理解した上で就職活動を行うようにして下さい。
ただ、今後も高齢化に伴って、就職先は増加していくと思われます。
それに、介護業務だけに留まらず、相談業務としての実務経験を積んでいく事で、もっとステップアップしていく事が可能となるでしょう。