ホームヘルパーの仕事内容と範囲

ホームヘルパーの仕事内容と範囲

ホームヘルパーの仕事内容と、範囲についてですが、身体の介護としては、食事、排泄、衣類着脱の介助、入浴や身体の清拭といった身体に関する介護全般です。
また、リハビリの介助や通院・デイサービスへの付き添い、健康チェックなどといったことです。
家事援助 としては、病状・体質等に合わせた食事の準備や衣類の洗濯、掃除。
そして、整理整頓、衣類の繕い、生活必需品の買い物等というような、家事全般において必要とされる介護が、ホームヘルパーの仕事内容です。
また、 生活や身上に関わる精神的なケア、つまり心の介護といったような、相談や助言を行うことも、ホームヘルパーの仕事内容となります。
その中でも、ホームヘルパーの判断で行える身体介護の範囲は、医師等の指示を必要としないものとなっています。
生活援助から身体介護にいたるまで、ホームヘルパーの仕事は幅広いものです。
しかし、やってはいけないホームヘルパーの仕事内容もあります。
それは、「契約内容外の仕事」です。
利用者に介護サービスを提供するためには利用者とサービス提供事業者間で契約が結ばれています。
そこでホームヘルパーが行う仕事も決められているのです。
もし契約で家事援助だけとなっていた場合は、身体介護に関する行為は契約外の仕事の範囲なので、提供できなくなります。
もし利用者が身体介護も行ってほしいと申し出た場合は、ヘルパーは上司やコーディネータに相談して契約内容を見直し、再契約を結ぶ必要があります。