MOTとはどんな資格?

MOTとはどんな資格?

一般企業のオフィスにおいて、最も高い利用頻度を誇っているのはマイクロソフト社のビジネス・アプリケーションソフトです。
具体的には大変良く知られているワード、エクセル、パワーポイントなどが、これにあたります。
MOTはマイクロソフト・オフィシャル・トレーナーの略語表記で、国家資格ではなく民間資格にあたります。
MOTとは、個人向けの資格と言うよりも、前述したオフィス製品のアプリケーションの使い方を指導する、パソコンインストラクター向けの資格となっています。
MOTを取得するには、まず必要な基礎的な知識のを習得度合をMOT Essentialsで、実技能力をMicrosoft Office Specialist、さらにTrain the Trainer for MOTでトレーニングセンター主催のセミナーを受験、あるいは受講をしなければなりません。
特にMicrosoft Office Specialistでは、MOT用合格ラインであるセクション分析の全項目で50%を超える正答率で合格しなければなりませんのでかなり難易度は高い、と言えるでしょう。
MOTの資格を持っていれば、パソコンスクールでのインストラクターはもちろん、企業の新人研修や新製品導入の際のインストラクターや、マイクロソフト社のビジネス・アプリケーションソフトを使用している企業でのサポートなど、就職や転職の際にも資格を生かして世界を広げることもできます。