ビジネス実務マナー検定ってどんな資格?就職先は?

ビジネス実務マナー検定ってどんな資格?就職先は?

ビジネス実務マナー検定とは、この資格を持っていなければ出来ない仕事があるという訳ではありませんが、一般企業への特に事務系の就職に有利な資格です。
ビジネス実務マナー検定では、一般的なオフィスワークにおける正しい電話対応や文書作成などのスキルをテストします。
他にも、来客時や営業先でのビジネスマナーや社会人としての一般常識などの基本的なビジネス実務とマナーを身に着けていることを証明することができる資格です。
資格を取得できる検定としては、比較的難易度が低いでしょう。
しかし、二級以上を取得していれば一般事務系での就職に有利になる資格と言えます。
特に学生からの就職では、特殊な専門学校で学んでなければビジネス実務やマナーを殆ど知らずに就職している人ばかりです。
一般的には、就職後に会社側が研修会を開いて教えたり、いちいち注意されたりしながら覚えていくことになります。
でも、これらが最初から身についていれば、企業としては即戦力として使えるわけです。
「持っているに越したことはない」資格と言えますね。
その資格がなければ出来ない業務があるような資格ではないものの、即戦力として働けることをアピールできる資格ではあるでしょう。
一般的な企業の事務系や営業職・総合職などの職場で求められるスキルです。
民間企業ではなく公務員などでも有利な資格といえますから、幅広くどんな就職先でも求められるスキルと言えます。
持ってなければ不利というほどではなくても、持っていれば有利なのは間違いない資格の一つです。