ビジネス実務マナー検定の受験概要って?対策は?

ビジネス実務マナー検定の受験概要って?対策は?

ビジネス実務マナー検定の受験概要や対策などについて、お話していきます。
まずは、受験概要ですが、受験資格は特にありません。
試験範囲は一級・二級・三級とも共通しており、「必要とされる資質・企業実務」の理論と「対人関係・技能」の実技に分かれています。
どちらも60%以上の得点が必要です。
出題形式は、二級・三級がマークシート方式と記述問題、一級は記述問題のみとなります。
一級の筆記試験合格者は、二次試験である面接試験を受けて合格する必要があります。
試験の申し込みは、公益財団法人実務技能検定協会のホームページ、または、全国の特約書店から行えます。
毎年、6月と11月の年二回、検定試験が実施されるので受験しやすいかもしれません。
受験料は、一級が5500円、二級が3700円、3級が2500円です。
合格率は、第41回の結果が、一級で41.7%、二級で57.8%、3級で68.3%となっており、それなりの対策が必要となるようです。
ビジネス実務マナー検定の対策としては、まずは、実務技能検定協会が発行している参考書で勉強することですね。
さらに、同じく実務技能検定協会発行の過去問題集を繰り返し解くようにします。
筆記試験はそれで対応できると思いますが、問題は一級の二次試験で行われる面接試験です。
この面接試験は、課題について1分程度のスピーチと2分程度のスピーチを行うという非常に難易度の高いものです。
ビジネス実務マナー検定講座を受けるなどして、面接対策をしておくべきでしょう。