資格取得・難易度と対策

事務・文書の資格記事一覧

文書処理(ワープロ)能力検定ってどんな資格?就職先は?

近年、事務職を希望するなら必須といえるのが、ワープロによる文書処理とエクセルデータ入力処理の、いわゆるMicrosoft Office能力技能ですね。特に、ワープロ能力は、必要不可欠といえるでしょう。ワープロ検定という言葉はほとんどの方がご存知だと思いますが、実はワープロ検定といってもいくつかの種類...

≫続きを読む

文書処理(ワープロ)能力検定の受験概要って?対策は?

文書処理(ワープロ)能力検定は、1級から4級まであります。それぞれの試験内容と受験料は以下の通りです。◆1級(7,000円)・筆記試験による技術常識、国語知識・入力、文書作成の実技試験(上級レベル)◆2級(5,000円)・筆記試験によるワープロ知識、国語知識・入力、文書作成の実技試験(中級レベル)◆...

≫続きを読む

Microsoft Office Specialistとはどんな資格?

ビジネス界で最も多く利用されているのはMicrosoft Officeですが、Microsoft Office Specialistと言うのは、マイクロソフト社が主催している全世界共通の資格認定の制度です。Microsoft Officeのさまざまなアプリケーションを使って、それぞれをどれだけ確実に...

≫続きを読む

MOTとはどんな資格?

一般企業のオフィスにおいて、最も高い利用頻度を誇っているのはマイクロソフト社のビジネス・アプリケーションソフトです。具体的には大変良く知られているワード、エクセル、パワーポイントなどが、これにあたります。MOTはマイクロソフト・オフィシャル・トレーナーの略語表記で、国家資格ではなく民間資格にあたりま...

≫続きを読む

ビジネス実務マナー検定ってどんな資格?就職先は?

ビジネス実務マナー検定とは、この資格を持っていなければ出来ない仕事があるという訳ではありませんが、一般企業への特に事務系の就職に有利な資格です。ビジネス実務マナー検定では、一般的なオフィスワークにおける正しい電話対応や文書作成などのスキルをテストします。他にも、来客時や営業先でのビジネスマナーや社会...

≫続きを読む

ビジネス実務マナー検定の受験概要って?対策は?

ビジネス実務マナー検定の受験概要や対策などについて、お話していきます。まずは、受験概要ですが、受験資格は特にありません。試験範囲は一級・二級・三級とも共通しており、「必要とされる資質・企業実務」の理論と「対人関係・技能」の実技に分かれています。どちらも60%以上の得点が必要です。出題形式は、二級・三...

≫続きを読む