ITストラテジストってどんな資格?

ITストラテジストってどんな資格?

ITストラテジストと聞いて、何の事かわかる方は少ないと思います。
ITストラテジストとは、情報処理技術の一種です。
2007年に新しく創設された資格なのです。
その前は、システムアナリスト試験と上級システムアドミニストレータ試験の二種類がありました。
それを一つに統一して、ITストラテジスト試験としたものなのです。
2009年から試験が実施されています。
ITストラテジスト資格者は、高度IT社会に必要な人材です。
専門的な分野の知識・技術を持っていることを証明する資格になります。
企業などの経営戦略に基づいて、情報技術を活用しながら、基本的な戦略を策定・提案・推進していく事が求められます。
また、システムの企画や開発などを統括していき、新しい価値を実現するために、基本的な戦略を策定・提案・推進する事も重要になってきます。
ストラテジストとは、「戦略家・兵法家」と言った意味です。
つまり、ITストラテジスト資格者というのは、情報処理の戦略家と言う事になります。
企業の経営を軌道にのせるため、情報技術を駆使し、戦略を練っていく人物なのです。
その様な能力のある人物が、試験に合格して資格を得ることが出来るわけです。
この資格が設立されてまだそんなに年月が経っていないこともあり、ITストラテジスト試験の合格率は一桁台です。
これから先、受験者も増えていくでしょうが、難しい試験に変わりは無いので、合格率も低いままであろうと予想されています。

これからの時代、情報処理の技術はどんどん求められていくことになるでしょうね。