IT系資格の種類と難易度

IT系資格の種類と難易度

資格にはさまざまなジャンルがあります。
IT系資格の中には国家資格のものと、民間資格に大分されます。
ここでは人気のあるIT系の国家資格を紹介したいと思います。
国家資格のIT系資格としては、基本情報処理技術者や、初級アドミニストレーター、上級アドミニストレーターなど情報処理の中でもエンドユーザー側で必要とされる資格があります。
これらの資格は独学でも取得可能ですがなかなか難易度が高く、IT関連の幅広い知識が要求されるためどの分野もまんべん無い学習が必要とされる資格といえるでしょう。
これらの資格は覚えることが多いのが難点ですが、逆に取得するコツは、覚えてしまうことなのです。
情報処理やシスアドの資格はIT業界で就職したい人の入門資格です。
IT関連の知識をしっかりと学ぶことができるのです。
次にテクニカルエンジニアという資格があります。
このテクニカルエンジニアはさらに分かれており、ネットワーク・システム管理・データーベースエンベデットシステムがあります。
このテクニカルエンジニアの資格取得は、大変難易度が高く合格率は5〜10%というものなのです。
独学で可能ですが、スクールに通う人も多いようです。
合格と、実務で資格保持者という意味での収入UPが期待できるようです。
また、情報セキュリティーアドミニストレーターやシステムアナリスト、システム監査技術者といったシステム系やセキュリティーのスペシャリストを目指す資格もこの国家資格に含まれます。
セキュリティーアドミニストレーターは情報セキュリティーの企画や設計、さらには構築に関することをはじめ、情報セキュリティーいかに運用、管理するか、そして情報セキュリティーの法規などを習得するために資格なのです。
システムアナリスト資格は情報システムや情報戦略をを構築したり情報システム自体を立案計画する、といったことを目的としている資格です。

受験資格の制限はありません。
ソフトウエアー開発技術者資格は先に紹介した、基本情報技術者の上級編のような資格で、知識や経験のあるプログラマーやシステムエンジニアなら半年程度で取得できる資格です。
未経験者では1年以上の学習が必要な非常に難易度の高い資格といえるでしょう。
会社によってさまざまですがこの資格を取得を勧めるところも多いようです。
というのもこの資格はIT系では重要な資格だからなのです。
将来プログラマーを目指しているような人は、取得の機会があればとっておくと将来大変就職に有利な資格なのです。