ITサービスマネージャ(SM)の受験概要、対策

ITサービスマネージャ(SM)の受験概要、対策

ITサービスマネージャ(SM)の試験は、誰でも受験することが出来ます。
毎年7月頃から申し込みが開始され、1ヶ月以内に締め切られます。
試験は10月の第三日曜日に行われるのが通例です。
試験は、午前1、午前2、午後1、午後2に分けられています。
午前の試験は、選択式の回答になります。
コンピュータやシステムの構成要素、データベース、ネットワーク、セキュリティなどに関する試験です。
午前1は、出題数30問で試験時間が50分なので、じっくりと考えている時間はないと思います。
午前2の試験の出題数は25問ですが、試験時間が40分ですから、こちらも確かな知識と集中力が要求されるでしょう。
合格するためには、午前1・2共に、満点の60%以上の得点が必要です。
午後の試験は、記述式・論述式になります。
出題内容は、システムの運用管理、ITサービスの継続的改善とITサービスマネジメントに関することなどです。
午後1は、出題数4問のうち2問を選択して解答します。
午後2は、出題数3問のうち1問を選択して論述していきます。
午後1は90分、午後2は120分の試験時間がありますが、記述や論述への対策を十分にしておかないと、何も書けないまま時間を持て余すことにもなりかねません。
ITサービスマネージャの試験の合格率は、7〜9%程度だといわれています。
難易度が高い試験だけに、最低一年はしっかりと勉強する必要があるでしょう。

できれば、もっと難易度の低い資格を取得してから受験した方がいいかもしれませんね。