シスアドの合格ラインと合格率

シスアドの合格ラインと合格率

シスアド合格ラインと合格率について見て行こうと思います。
シスアドは、IT系でただ1つの国家資格です。
シスアドの資格を目指す人にとってシスアド合格ラインと合格率は大変気になることだと思いますが、残念なことに、シスアド合格ラインと合格率は公表されてはいないのです。
特に初級シスアドは、パソコンやネットワークの広く浅い知識を試すものですから、2003年の春期試験以降、IRT方式が採点に取り入れられています。
IRT方式では、受験者全体で、どの問題に何問正解したかによって点数が配分されます。
つまり試験が終わるまで点数の配分が分からないシステムになっているのです。
このIPT方式を用いると、仮に正解した数が同じでも、正解した問題が違えば、得点が変わって来ますし、合否が分かれることにもなります。
また、難易度が高い問題が配点が高いとも言い切れないのです。
シスアド合格ラインと合格率については、最も合格率が高い初級シスアドで、非公開ではありますが推測で30%前後だとされています。
シスアドの試験は午前と午後に分かれていますが、どちらか一方でも合格ラインを割っていると不合格となります。
上級のシスアド合格ラインと合格率は、当然初級より厳しくなっています。
合格ラインは初級の場合、およそ600点以上ですが、上級になると午前の試験で600点以上を獲得していないと、午後は採点対象外、となってしまいます。
上級シスアド合格ラインと合格率は、正解率を参考に推測して、6割5分から7割弱、合格率は10%から13%程度です。
初級と上級を比較すると、シスアド合格ラインと合格率は、ともにかなり上級の方が厳しくなってはいますが、ここ数年上級の合格率は上がりつつあります。