ITサービスマネージャ(SM)ってどんな資格?就職先は?

ITサービスマネージャ(SM)ってどんな資格?就職先は?

ITサービスマネージャ(SM)は、システムエンジニアの方を対象とした資格になります。
システムエンジニアの中でも、業務システムの運用管理責任者を主な対象としています。
数ある情報処理技術者試験の中でも運用責任者向けの資格は、あまりありません。
どちらかというと、開発担当者の技術向上の為の資格が多いのです。
そういう意味では、このITサービスマネージャ(SM)資格はちょっと変わっているといえるでしょう。
この試験は、どんな職種の方でも受験することができます。
システムエンジニアの方や運用管理責任者の方でなくても試験を受けることはできるのです。
また、この資格を取るための試験には、リスク管理やコスト管理などの問題も出題されます。
企業を経営するために必要な知識なども要求されますから、運用に関する知識だけでは試験に合格することができません。
この試験は、情報処理技術者試験なのですが、その割には技術色はあまりなく、どちらかというと顧客向けサービスをしている方向けの試験になっています。
この資格を取ることによって、運用に関する知識が豊富にあり、顧客向けサービスにも適していることをアピールできると思います。
システムエンジニアとして、運用と開発の両方の知識があれば、これからの仕事にかなりのプラスになりますよね。
ただ、ITサービスマネージャ(SM)の試験には小論文が課せられており、難易度がかなり高くなっています。
受験の際には、十分な試験勉強や試験対策が必要となるでしょう。