シスアドとはどんな資格?

シスアドとはどんな資格?

シスアドとは正式には、システムアドミニストレータと言います。
何となく耳にしたことはあっても、具体的に何を指しているのかよく分からない言葉でしょう。
シスアドとは、経済産業省の指定試験機関の中の独立行政法人情報処理推進機構の情報処理技術者試験センターによって実施されている、情報処理技術者試験の中の1つです。
つまりシスアドとは国家試験なのです。
ただし受験資格が規定されていないため、その気があれば誰でも受験することができます。
シスアド試験を行うことによって、その企業内におけるシステム管理者の能力を認定することができます。
経営者サイドから見れば、シスアドとは企業内のシステムの利用者が、そのシステムを管理している者への改善要求や、事業の提言、要望の提起などを行なうことで、システムの整備や改善を促進することを目的としているのです。
要するにシスアドとは企業にとって、その部門の業務をステップアップさせる上においての改善のためのリーダーであると同時に、エンドユーザーと呼ばれるパソコン利用者の代表でもあるわけです。
ではシスアドとはどのようにしてその試験を受ければよいのでしょう。
まず勉強の仕方としては、教材を購入して独学でやる方法と、通信教育や専門のスクールに通う方法があります。
仕事を持っている方ならば通信教育がお奨めです。
ある程度のパソコンの知識がある方ならば、独学で過去問を解くだけでも合格することは可能でしょう。
シスアドは4月と10月の年2回実施されています。
もちろん資格がなくてもパソコンの高度な操作はできます。
しかし試験では、パソコンだけではなく、仕事上の幅広い基礎知識も問われます。
スキルアップをすることは確実です。

持っていなくても困ることはないが、持っているに越したことはない、シスアドとはそういったものだと言えるでしょう。