医療事務系資格の種類と難易度

医療事務系資格の種類と難易度

医療事務とはよく聞く言葉ですが、実際にどんな仕事か知っていますか?
医療事務とは平たく言うと、医療機関における事務職のこと。
医療事務系の仕事に就くのに資格は絶対に必要ではありませんが、持っていればもちろん就職や待遇の面で有利に働きます。
医療事務系資格はほとんどが民間の資格ですし、大学を出る必要もありませんので、医療系資格よりも難易度は格段に下がっています。
誰にでも取得のチャンスがあるわけですね。
医療事務系資格の代名詞である「医療事務士」は、主に医療機関の診療報酬についての知識を持っている証となる資格。
日本病院管理教育協会の指定校に通わなければ受験資格が得られませんので、難易度としては中の下。
カルテの管理などを行う「医事管理士」もほぼ同様の条件となっています。
受付、会計からカルテ管理まで幅広い業務をカバーできる「医療事務管理士」は受験資格がありません。
誰でも受験できる上、長い歴史を持っているので、医療機関からの信頼度も高いものとなっています。
難易度はそれほど高いものではありませんが、実技試験があるので、それなりの対策が必要になります。
「診療報酬請求事務能力認定試験」は医療事務系資格では最高峰の難易度を誇るもの。
受験資格は特にないため多くの受験者が集まりますが、そのうち合格するのは3割弱ともいわれています。
その分、効果は絶大。
この資格があるとないとでは大違いなので、医療事務系の仕事をめざすのならぜひ挑戦してみましょう。