薬剤師ってどんな資格?就職先は?

薬剤師ってどんな資格?就職先は?

薬剤師は厚生労働省によって管理されている国家資格です。
国民の健康的な生活を保持するために医薬品を調剤したり、供給することの出来る技術者のことを薬剤師と呼んでいます。
薬剤師の最も代表的な業務としてあげられるのは調剤です。
これは医師によって処方された処方箋に基づいて、その患者さんに必要な医薬品を服用量通りに調整し、用意するという業務です。
内服薬・外用薬はもちろんのこと、点滴や注射の管理なども任されています。
医薬品の中には劇薬など、扱い方によっては人に害を与えてしまう物もあるので、それらの在庫管理や品質管理も重要な業務の一つとなっているのです。
薬剤師の仕事は、医師からもらった処方箋通りに薬を調剤するだけではありません。
患者さんに薬を適切に服用してもらうために、その薬の服用の仕方などを説明するのも薬剤師の仕事です。
患者さんのアレルギーの有無なども確認し、副作用のリスクなどから守るという重要な役割もあります。
患者さんへの上記のような情報提供だけでなく、医師や看護師など医療従事者への情報提供も大切です。
薬剤師の就職先としては、病院や地域の薬局などが主な就職先になっています。
高齢化社会を迎えている中で、病院や薬局だけではなく、福祉や介護の分野でも薬剤師の活躍が期待出来るのではないかと思います。
国家資格と言われると難しく思いがちですが、資格を取得してしまえば就職にも有利ですし、これからますます薬剤師のニーズは増えていくでしょう。