薬剤師の受験概要って?対策は?

薬剤師の受験概要って?対策は?

まず、薬剤師になるためには国家資格が必要ですが、国家試験を受けるためには、4年制の薬学部、もしくは、6年生の医学部を卒業しなければなりません。
そのような大学を卒業しないと、国家試験を受ける資格さえ与えてもらえません。
試験の内容としては、物質や生体の構造・性質・機能などが出題される「基礎薬学」、医薬品についてや調剤や管理などが出題される「医療薬学」、保健衛生などが出題される「衛生薬学」、法律や制度について出題される「薬事関係法規・制度」の4つの分野に分かれて出題されます。
毎年3月下旬頃、二日間にわたって試験が行われています。
国家試験の中でも、かなり難易度の高い試験の一つなので、過去の問題集などを見て、出題方式を予め知っておいたり、どのような問題が出題される傾向にあるのかなど、対策を練っておいた方がいいでしょう。
医学系・薬学系の大学を卒業すれば、誰でも合格出来るという訳ではないので、毎日コツコツと継続的に勉強する必要があります。
長期間、集中して勉強を続けていくためにも、あなた自身のモチベーションという物が大事になってきます。
自分が薬剤師になって働いている姿を想像してみたり、自分が目指すべき人のことを思い浮かべてモチベーションを保つだけでも、勉強が身につくか身につかないか大きな差が出てくるはずです。
そして、ただ覚えたいことをノートに書き写すだけでなく、要領良く勉強をしていきましょう。
時間をたくさんかけたからと言って、全然記憶に残っていなかったら意味がありません。