秘書検定準1級の内容と対策

秘書検定準1級の内容と対策

秘書検定準一級の試験を受ける人は、たいてい2級と併願するとか、秘書検定一級と準一級を併願するようです。
筆記試験はすべてマークシートではなく、記述式です。
参考書や問題集などを買って、ひたすら勉強する必要があります。
秘書検定の記述式の試験は、努力で乗り切ることが出来ます。
ただし、準一級と一級の試験に課せられている、面接試験は、問題集や参考書を勉強しても、実際にそのとおりできなければ意味がありません。
まずは、面接試験用DVDを購入して、視聴しその上で、ビジネス系の専門学校で秘書検定の面接講座を受けなければなりません。
準一級ともなると、かなりレベルが高いので、面接には相当の努力が必要です。
ただし、秘書検定を受検して合格通知が届いてから、その後面接試験となるので、その後で専門学校を探すのは大変です。
そのときにはもう、講座受講の締め切りが終わっているところもあります。
筆記試験の合格通知が届いたら、すぐに専門学校の秘書検定面接試験対策講座を受けることができるところを探しましょう。
ただし、直前の面接対策講座であっても、受講料は2万円くらい必要となってきます。
準一級秘書検定の面接試験では、まるで劇団の主役にでもなったように、表情を変えず、手振り身振りや立ち居振る舞いなどを優雅に表さなくてはなりません。
面接の合格には100%の力が必要なので、たとえ間違っても、慌てず優雅にその後の質問に答えていくのが良いでしょう。