秘書検定の日程と申し込み

秘書検定の日程と申し込み

秘書検定は、一年に2回受験時期があります。
6月と11月です。
それぞれ、3ヶ月ほど前に受付期間があり、その期間が終了すると受験できなくなります。
定められた一定期日に、申込みを済ませると、試験の10日前までに受験票が届きます。
一級と準一級の面接試験は、試験後しばらくすると、合否結果が届いて合格していれば、最初の秘書検定試験の一ヶ月後くらいに、面接試験が行われます。
全国で行われますが、試験の日にちは少しずつ、地方によって変わっています。
合否結果は、2級や3級は、試験後1ヶ月以内に送られます。
一級や準一級の合否結果は、面接試験後約1ヶ月以内に送られるようです。
秘書検定を受検する人の中で一番多いのは、大学生で、二番目に高校生、三番目に専門学校生のようです。
やはり、目の前の就職に向けて、秘書を目指している人だけでなく、就職活動の一環として受験する人が多いようです。
企業で仕事をして行く上で必要なマナーや立ち居振る舞いを磨くために、秘書検定は必要なものだと言えます。
秘書検定を受検するには、願書の付いた秘書検定案内を受付書店で入手します。
そこへ必要事項を書き込んで書店で受付をすると、秘書検定の申込みをしたことになります。
書店では、それぞれの級によって必要な受験料を支払います。
そして、願書を送る80円切手も必要です。
全国の受付書店は、秘書検定のホームページに掲載されています。

また、受付書店が、近くにない場合には、ホームページ上から願書を請求することが出来ます。