秘書検定2級の内容と対策

秘書検定2級の内容と対策

秘書検定講座を長年にわたって研究しているのが、早稲田ワーキングスクールです。
秘書検定の2級を受検するには、この専門学校に入って講義を聞きながら学習していくのがお勧めです。
ただし、早稲田ワーキングスクールは、東京と大阪の二箇所しかないので、その他の地方の人は、早稲田ワーキングスクールと提携している専門学校に通うと良いでしょう。
また、秘書検定実施団体の監修している専門学校で学ぶのも良いでしょう。
秘書検定2級の検定内容は、秘書の資質や職務知識、一般知識やマナー、接遇そして技能です。
こうしたことを最近の出題傾向に合わせて、合格するための方法を専門学校では学ぶことが出来ます。
この秘書検定の内容である、秘書の資質とは、秘書の心構えや人柄、能力です。
また、職務知識というのは、秘書の役割と機能、職務、組織の中の秘書といった内容です。
一般知識やマナーでは、企業の経営や活動、話し方や聞き方、報告と説明、説得と忠告、苦情と断り方、そして電話応対などの知識のことです。
また、技能には会議と秘書、文書の取り扱い、ファイリングや資料管理、環境設備なども含まれます。
こうした知識を独学で勉強するのもいいのですが、秘書検定講習では出題傾向に合わせた模擬テストも行われるので、合格率が上がります。
秘書検定を受けるには、実績のある専門学校に通う事が、秘書検定合格への最短の方法だと言えます。
秘書検定試験の直前対策講座を含めると、専門学校では、手厚いサポートが受けられます。