資格取得・難易度と対策

秘書検定記事一覧

秘書検定ってどんな資格?就職先は?

秘書検定は、文部科学省認定の秘書技能検定試験のことで、受験資格も設定されておらず、誰でも受験できることや知名度が高いこともあり、人気の資格となっています。秘書検定は、一般的な社会常識や秘書としての基礎知識を始めとする秘書の仕事で必要とされる知識やコミュニケーション能力、会話力が問われます。秘書検定を...

≫続きを読む

秘書検定の受験概要って?対策は?

秘書検定の受験は、1級と準1級、2級と3級の四種類ありますが、特に受験資格を設けていないため、誰でも受験することができます。2級と3級については、年に三回筆記で試験が行われ、1級と準1級は年に二回筆記と面接で試験が行われています。秘書検定2級と3級の受験対策としては、過去の問題をこなすと良いでしょう...

≫続きを読む

秘書検定について

秘書検定は、企業の専任秘書として社会で活躍する人材を目指すものです。秘書検定は、文部科学省認定の財団法人実務技能検定協会というところが主催しています。秘書検定の実施回数は、年間3回です。受験月は、6月と11月と2月です。秘書検定のクラスは、3級からあり、2級とその上は、準1級、そして1級です。受験費...

≫続きを読む

秘書検定の合格率

秘書検定には、3級から1級までのクラスがあります。まず、3級は、マークシート方式で合格率はだいたい、65%程度のようです。各回によっても少しずつ前後しますが、受験者の半分以上は合格するわけですから、合格率は高いと言えます。2級では、47%程度になります。だいたい、受験者の半分が合格すると言えます。試...

≫続きを読む

秘書検定1級の内容と対策

秘書検定一級の合格率はかなり低いと言えます。ただし、秘書検定一級の資格があれば、就職にはかなり有利となってきます。会社の社長や重役のサポートをするような、会社を左右する仕事に就くことが出来ます。また、秘書にならなくても、秘書検定一級を取得していれば、女性としてのマナーがきっちり身につきます。秘書検定...

≫続きを読む

秘書検定準1級の内容と対策

秘書検定準一級の試験を受ける人は、たいてい2級と併願するとか、秘書検定一級と準一級を併願するようです。筆記試験はすべてマークシートではなく、記述式です。参考書や問題集などを買って、ひたすら勉強する必要があります。秘書検定の記述式の試験は、努力で乗り切ることが出来ます。ただし、準一級と一級の試験に課せ...

≫続きを読む

秘書検定2級の内容と対策

秘書検定講座を長年にわたって研究しているのが、早稲田ワーキングスクールです。秘書検定の2級を受検するには、この専門学校に入って講義を聞きながら学習していくのがお勧めです。ただし、早稲田ワーキングスクールは、東京と大阪の二箇所しかないので、その他の地方の人は、早稲田ワーキングスクールと提携している専門...

≫続きを読む

秘書検定の面接対策

秘書検定の1級と準1級の筆記試験の合格者は、後日面接試験があります。この面接試験が、秘書検定試験の合否に大きく係わっています。そこで、秘書検定の面接試験のためにどういった対策が必要となるでしょうか。筆記試験と違って、面接試験は単に問題集や参考書だけで合格できるものではありません。そこで、やはり秘書検...

≫続きを読む

秘書検定の過去問対策

秘書検定の勉強をして行く時に必要なものが、秘書検定の過去問です。問題集や参考書を基にして、独学で勉強していく人には、過去問はとても有効な合格の手段です。ただし、この場合大切なことは、自分が間違ったところに関する考察です。一度間違えたところは、二度と間違えないように、きちんとノートに整理していくのも良...

≫続きを読む

秘書検定の日程と申し込み

秘書検定は、一年に2回受験時期があります。6月と11月です。それぞれ、3ヶ月ほど前に受付期間があり、その期間が終了すると受験できなくなります。定められた一定期日に、申込みを済ませると、試験の10日前までに受験票が届きます。一級と準一級の面接試験は、試験後しばらくすると、合否結果が届いて合格していれば...

≫続きを読む