語学独習で効果的に勉強するには?

語学独習で効果的に勉強するには?

語学独習のためには、まず教材を選択することから始まります。
どんな教材を選ぶかで、その後の学習が変わって来ます。
目から入る情報で学習するか、あるいは視覚や聴覚から入る情報で勉強するのか、最終的には本人の、向き不向きによる決断ですが、本や参考書による学習方法を選択した場合でも、語学には耳からの情報が絶対に必要ですから、自宅では本や参考書で学習をしながら、移動中や日常の家事をしている時などには、耳から外国語を聴いて学習する、と言う方法が、語学独習においては、、理想的だ、と言えるかもしれません。
語学独習の場合、キーポイントになってくるのはボキャブラリーです。
あたりまえのことですが、単語を知って、読めて聞けて、話せて書けて、初めてその単語をマスターしたと言えるでしょう。
書店やインターネットで、宣伝広告につられて有名な教材を買って、やっておけば何とかなるだろう、と言うのでは甘いのです。
語学独習をすることは、購入した教材以外でも、工夫次第でいくらでも可能です。
例えば英字新聞や子供向けの英語番組、原語で視る外国語映画など、日常生活の中にいくらでも教材を探すことができるのです。
辞書があれば語学学習は独学でもできないことはありません。
しかし、通信教育も場合以上に、自分のレベルや到達ラインを知ることが難しいため、語学試験を受験した場合の合格の可能性予想も、分かりにくいのが難点です。
語学独習をする場合には、受験情報も含めて、外部の情報をこまめに知るようにすることも大切なのです。