語学資格の勉強法とは?

語学資格の勉強法とは?

語学資格を取得しようと思ったら、まずは試験に合格しなければなりません。
語学資格の勉強法は独学、通信教育、専門学校に通う、と大きく3つに分けることができます。
まず独学について見て行くと、英検の2級程度までならば、学校英語と独学で十分合格することができますが、語学資格はリスニングやスピーキングもありますから、難易度が上がると、やはり独学では難しいと言えるでしょう。
しかし、現在はDVDやCDが付いた参考書も多く販売されていますし、NHKテレビの教育チャンネルや、ラジオなどでも語学番組をたくさん放送していますので、独学で勉強をして語学資格を取得する人も、極わずかですが確かにいます。
2番目の勉強法は通信教育です。
新聞の折りこみチラシにもよく入っていますが、申し込むと教材が送られてきて、それに従って学習し、課題を提出すれば添削されて戻ってくる、と言うのが一般的です。
学習の仕方も色々ですが、DVDなどを見ながら勉強をして、不明な点が出てきたら電話やメールで質問をする、というシステムのところが多くなっています。
独学にしても通信教育にしても学習を続けるには、本人の強い意志が必要です。
日常生活にかまけたり、誘惑に負けたりしない気持ちで頑張らなければならないのです。
業者によっては学習の進度報告を推奨していて、報告が遅れがちになったり課題の提出がなかったりするとフォローしてくれるところもあります。
最後は専門学校への通学です。
これがもっとも段階を踏んで計画的に持続できる学習方法であることは一目瞭然なのですが、高い月謝を払うわけですから、その月謝に見合った指導をしてくれる学校を探さなければなりません。
数年前に話題になった英会話教室のようなこともありますので慎重に選びましょう。
これ以外に少数派として、強行的に外国にショートステイなどをして現地の生活の中で言語を身につける、と言う方法もありますが、あまりお奨めできる手段だとは言えないでしょう。
語学資格の勉強法としてどの方法を選ぼうとも、合否の分かれ目は、最終的には本人の意志とたゆまぬ努力なのです。