語学資格の種類ってどんなのがある?

語学資格の種類ってどんなのがある?

一口に語学資格、と言っても日本で取得することができる語学資格の種類はさまざまです。
どの資格を選ぶのかは、その資格で何をしたいのかとか、その資格をどのように活かしたいのかによって変わって来ます。
最も一般的なものは公的資格の英検ですが、これは資格を活かすというよりも、学生時代に受験や就職のことなども考えて、漢検などと同じ価値観で取得する人が多くなっています。
民間資格であるTOEICは、海外留学や海外相手の仕事をする場合のスコアとして適用されます。
また 翻訳検定と呼ばれている翻訳技能認定試験は公的資格で、世界の50ヶ国で実施されています。
この試験の審査の対象は英語と中国語の2つの言語の間の翻訳力です。
試験の部門は、文化、芸術、スポーツの「A」、法律や政治、経済専門の「B」、科学、化学、さらに工学などの理系専門の「C」、最も難易度が高い医学、生物、薬学などが含まれる「D」、とかなり専門的な語学力が要求されます。
もう一つは通訳の資格です。
通訳の仕事は実に多岐に渡っており、政治や経済などの外交の場面以外の、スポーツや芸能、文化の分野などでも通訳は活躍しています。
この試験は英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語、中国語、ポルトガル語、ロシア語、韓国語の中から1カ国語を選んで受験します。
またこの資格は語学力だけでなく、日本の地理や歴史、産業や文化などの知識も必要になって来ます。
次に、割りと馴染みの深い語学資格は一般旅行業務取扱主任者と呼ばれるものです。
言葉は聞きなれなくても、海外旅行の添乗員などがこの資格を持っているといえばよく分かると思います。
この他には通関士や、工業英語能力検定試験、英語TQE 翻訳実務検定など専門的な語学力が要求されるものもありますので、何が自分に必要なのかをよく知っておくことが大切です。