資格取得・難易度と対策

言語の資格の種類と取り方記事一覧

語学資格の取り方と取得メリット

現代社会は格差社会だと言われています。この格差社会を生き抜くためにも、資格は重要なアイテムです。資格と言っても本当に多種多様で、独学や通信教育で取得が可能な資格もあれば、専門学校で学習しなければ合格することは難しいと言う、難易度の高い資格もあります。どんな資格を選んで、どんな資格の取り方をするかによ...

≫続きを読む

語学資格の種類ってどんなのがある?

一口に語学資格、と言っても日本で取得することができる語学資格の種類はさまざまです。どの資格を選ぶのかは、その資格で何をしたいのかとか、その資格をどのように活かしたいのかによって変わって来ます。最も一般的なものは公的資格の英検ですが、これは資格を活かすというよりも、学生時代に受験や就職のことなども考え...

≫続きを読む

語学資格の勉強法とは?

語学資格を取得しようと思ったら、まずは試験に合格しなければなりません。語学資格の勉強法は独学、通信教育、専門学校に通う、と大きく3つに分けることができます。まず独学について見て行くと、英検の2級程度までならば、学校英語と独学で十分合格することができますが、語学資格はリスニングやスピーキングもあります...

≫続きを読む

語学専門学校で勉強する?

語学資格を取得するための学習方法として、語学専門学校に通う、と言うやり方があります。語学専門学校に通えば、独学や通信教育の場合と違って、学習を進めるためのカリキュラムは学校側が組んでくれますし、資格試験を受験する時のノウハウや申し込み手続の手順などは、学校が細かくアドバイスと指導を行ってくれますので...

≫続きを読む

語学通信教育で勉強する?

語学通信教育で学習をして、試験に合格をすれば、語学資格を取得することができます。語学通信教育、と言う言葉から大抵の方は、テレビでのコマーシャルや新聞の折りこみチラシなどですっかりおなじみになっている企業が思い浮かぶことと思います。確かに宣伝や広告の効果は抜群で、知名度はダントツだと言ってもいいでしょ...

≫続きを読む

語学独習で効果的に勉強するには?

語学独習のためには、まず教材を選択することから始まります。どんな教材を選ぶかで、その後の学習が変わって来ます。目から入る情報で学習するか、あるいは視覚や聴覚から入る情報で勉強するのか、最終的には本人の、向き不向きによる決断ですが、本や参考書による学習方法を選択した場合でも、語学には耳からの情報が絶対...

≫続きを読む

語学試験はどんなものがある?

語学試験の中で、特に受験者が多いのがやはり英語の資格試験です。有名なものはTOEIC、TOEFL、実用英語技能検定(英検)、と呼ばれている3つです。英検は漢検と同様、ある程度の高い級を取得しておくと、高校の推薦入学などの時に内申点のアップに使えます。また、語学試験には公的資格と民間資格とがありますが...

≫続きを読む

語学試験難易度は、何がどれくらい?

語学試験難易度について見て行こうと思います。語学試験と言っても、英語は特に種類が多く、中学英語程度の英語力で十分な、英検の5級、4級のような資格もあれば、外国で一流の大学院への留学や、一流企業で専門職に就くことが可能な程の、高レベルな語学力を必要とする資格もあります。全体的に語学力だけでなく、専門的...

≫続きを読む

実用英語技能検定ってどんな資格?就職先は?

実用英語技能検定とは、俗にいう「英検」の正式名称です。「読むこと」「聞くこと」「話すこと」「書くこと」の英語能力を測り、認定するための検定です。おそらく、日本の学校を卒業した方なら、中学や高校のときに英検の資格取得を勧められたり、受験した人が多いのではないでしょうか?英検には全部で7つの等級がありま...

≫続きを読む

実用英語技能検定の受験概要って?対策は?

実用英語技能検定は、年に3回試験が行われます。・申込受付3〜5月・第一次試験6月・第二次試験7月・申込受付8〜9月・第一次試験10月・第二次試験11月・申込受付12月・第一次試験1月・第二次試験2月1級から5級まで全部で7段階の試験が行われ、全ての等級で筆記試験とリスニング試験が実施されます。そして...

≫続きを読む

日商ビジネス英語検定試験ってどんな資格?就職先は?

日商ビジネス英語検定試験は、日本商工会議所が主催する英語のビジネス文書の作成、及び海外取引に関する実務的な文書作成能力を評価する検定試験です。IT化が進み、インターネットの普及も手伝って、海外とのビジネスの連絡はかつての電話から、現在は電子メールへと移行されています。電子メールであれば、相手が海外で...

≫続きを読む

日商ビジネス英語検定試験の受験概要って?対策は?

日商ビジネス英語検定試験の受験資格に決められている制限はありませんが、基本的にPC操作が出来る事が前提です。試験は、1級、2級、3級の3つのレベルからなり、実際のビジネスの場面を具体的に想定して問題が出題されます。1級では「豊富な海外取引の実務経験があり、英語による十分なビジネスコミュニケーション能...

≫続きを読む

手話通訳士ってどんな資格?就職先は?

現在、聴覚に障害のある人達は全国で約29万人にも上ると言われています。聴覚に障害がある場合は、音声によってコミュニケーションを図ることは困難となります。そこで手話通訳士は、政見放送や講演会など様々な場所で手話による通訳を行い、聴覚に障害のある人と障害のない人との意思疎通の手助けを行っているのです。こ...

≫続きを読む

手話通訳士の受験概要って?対策は?

手話通訳士試験を受けるための受験資格は、「20歳(受験日の属する年度末までに20歳に達する者を含む)以上の者」となっています。つまり、20歳以上であれば誰でも受験出来るというわけですね。けれど、合格率は10%程度と非常に低く、実際に合格するためには3年以上の手話通訳経験が必要だと言われています。受験...

≫続きを読む