宅地建物取引主任者ってどんな資格?就職先は?

宅地建物取引主任者ってどんな資格?就職先は?

宅地建物取引主任者とは、1958年に当時の建設省が宅地建物の公正な取引が行われる事を目的として創設した国家資格です。
土地や建物を売買する際や賃貸の仲介を行う際等に必要となってくる資格で、数ある国家資格の中でもトップクラスの知名度を誇っています。
宅地建物取引主任者は、不動産の売買や貸借時において、その物件について事前に伝えなければならない重要事項を相手方に説明する専門家でなければなりません。
宅地建物取引主任者は不動産取引のプロだ、と言われているのも頷けますね。
また、宅地建物取引主任者でなければ出来ない業務も法律で決められています。
それが、「重要事項の説明」、「重要事項説明書への記名押印」、「37条書面への記名押印」です。
その為、不動産業を営む事務所において、従業員の5人に1人以上の割合で専任の宅地建物取引主任者を配置しなければならない、と法律で定められています。
このように、宅地建物取引主任者がいなければ不動産の取引は成立しないようになっているのです。
つまり、不動産関係の仕事に就く予定の方や既に仕事をされている方にとって、宅地建物取引主任者の資格は非常に有益だと言えるでしょう。
また、この資格を取得していれば、個人での不動産取引も可能となります。
独立して不動産の売買、仲介、媒介をしたい方にとっても、お勧めしたい資格ですね。
宅地建物取引主任者は、不動産業界への就職、及び転職の際の大きな武器になる人気の高い国家資格なのです。