マンション管理士の受験概要って?対策は?

マンション管理士の受験概要って?対策は?

マンション管理士の受験概要や対策などをご説明します。
まずは、受験概要ですが、受験資格は特にありませんので、誰でも受験することができます。
毎年一回、11月の最終日曜日に、財団法人マンション管理センターにより試験が実施されています。
試験内容は、マンションの管理に関する法令や実務、管理組合の運営、マンションの建物や付属施設の構造についてなど、非常に専門的で多岐に渡ります。
受験手数料として9400円が必要で、合格後の登録に、登録免許税として9000円、登録手数料として4250円、それに、収入印紙代300円と住民票などの必要書類の発行手数料がかかります。
受験案内や申込書は、8月1日から10日2日の間に配布されます。
財団法人マンション管理センターや全国主要書店などの配布場所で直接入手する他に、郵送や宅急便、ホームページからでも入手可能です。
マンション管理士の試験は平成13年度から実施されたため、まだそれほど歴史の長い資格とはいえません。
また、合格率が最低の年で7%、最高の年でも9.3%ととても低いため、しっかりと試験対策する必要があるでしょう。
合格率が低い分、取得している人の数も少ないわけですし、国家資格で名称独占資格なのも魅力です。
試験対策としては、市販されている参考書や過去問題集を使って独学するという方法もありますが、あまりオススメできません。
合格率の低い試験ですから、やはり、試験対策講座などに通うか、通信教育などを利用した方がいいでしょう。
その方が効率的なカリキュラムが組まれていますし、無駄のない勉強ができるはずです。